2012年4月アーカイブ

この前の京都の祇園で起きた事故(というか事件?)は本当に悲しいものでしたね・・・。

 

皆さんご存知でしょうか?

「てんかん」を患った方による自動車の暴走で、何の関係もない、たまたまそこにいた人が巻き込まれてしまったというそのニュースは普段の薬剤業務にも関係しているので、妙に身近に感じてしまいました。

日本には大体100万人ものてんかんの患者さんがいるそうで、以前は「三大精神病」の一つなんていわれていましたから・・・。

 

因みに他の2つは「精神分裂病(統合失調症)」と「躁うつ病」です。

皆さんも聞いた事があるのではないでしょうか?

今は随分、てんかんについての理解も進み、てんかんが脳の異常な電気的問題によって生ずるものだとは分かってきてますが、患者さん達は本当に辛いと思います。

薬剤業務、の部分を掘り下げると、薬剤師という職業はけっこう求人がある職種なんですよね。
細かく見ていくと、薬剤師の製薬会社の求人という風にも探せたりするみたいです。
友人も、病院から調剤薬局へ移ったりしていましたからね。
それぞれ条件なども違うでしょうから、求人を探すのであればより自分が望んだ条件の職場へ移りたいですよね。

CRO・治験

ファーマンとのあなたはその特別な資格をちゃんと利用する事風に心がけていますか?
現在勤めている東京の調剤薬局では、自分なりに非常に誇りに思えるjobが評価されていますでしょうか?
最近の有名な薬局での生き方にトラブルや不満を持ちつつも、普段の日々にかまけて転職しようと何か行動をする努力を心がけていますか?
さまざまな悩みや葛藤を潜在的に抱えている事実にホントは気付いているのに、実際に行動に落としこめずにいると、今後の人生の大切なチャンスを残念な事に無くしてしまうことになるかもしれません。
自分の就職先に人に言えない不満を気になっている薬剤師さんは、
憧れの職業である薬剤師という資格とこれまでの経験を上手にアピールして、自分の描いたような勤務先をつかんでみましょう。
日本では、人気の管理薬剤師のパワーを所有しているスタッフさんを引き抜こうとしている調剤薬局さんや民間の企業等が信じられないほど急増していることをご存知でしょうか?
そういった薬剤師の知識と価値のある経験を存分に発揮できる就職先を巡り合うには、リクルートナースバンクをしっかりと使ってみる事が必要です。
これらの転職エージェントでは、千葉県の採用情報を隠し事無しに提供してくれたり、希望者が気にいった調剤薬局や上場企業との説明会の日程の調整を上手にせってキングしたり、今の職場のアフターフォローを行ってくれるなど、転職に関係する、なかなか難しそうな事をすべて0円で支援してくれるので、求人募集活動をひじょうに効率的に進めることができ、ウィンウィンの関係を築けるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク